2018年01月03日

プルフンティアン島 その3 ロングビーチとオオトカゲ

プルフンティアン島の旅。
つづいては、島で一番の名所「ロングビーチ」です!

ロングビーチは2つの島からなるプルフンティアンの小さい方の島クチル島にある一番大きなビーチ。
遠浅でクアラブスからのジェット船は着岸出来ないため、沖で小舟に乗り換える必要があるという場所です。

この近辺にはバックパッカー向けの格安バンガローがたくさんあり、夜になるとビーチで毎晩パーティーでどんちゃん騒ぎだとのウワサです。(夜行ってないので正確なことはわかりませんが)

我々は隣のブサル島からボートタクシーで訪れました。
ロングビーチの海はきれいですが、ボートが沢山すぎるのと遠浅の砂地なので魚も少なめでシュノーケルには不向きかもしれません。
2017malaysia (261)_R.JPG

昼間はビーチでのんびり。夜に備えて体力温存ってとこですかね。
2017malaysia (264)_R.JPG

それでも、まあそこそこの人数海には入ってますね。
2017malaysia (260)_R.JPG

この島はひょうたん型に真ん中がくびれていて、その部分を歩いて島の反対側のビーチに行くことが出来ます。
このボートタクシー屋さんの裏辺りからその道に入れます。
我々は反対側のビーチで泳ぐために行ってみました。
2017malaysia (271)_R.JPG

こんな小さな道です。
ホントに行けるのか若干不安を感じます。。。
2017malaysia (274)_R.JPG

島の中心あたりの森を抜けると島の反対側の宿がいくつも見えてきます。
宿と宿の間のこんな細い路地も抜けて行きます。
2017malaysia (285)_R.JPG

バンガローのレセプション。ここは結構グレード高そうで、もしかしたら我々の部屋よりもきれいだったりするのでは?って感じ。
2017malaysia (292)_R.JPG

そして、対岸のビーチにつきました。
2017malaysia (315)_R.JPG
ロングビーチへの道だよと看板もありました。

ロングビーチより更にローカルな感じのビーチハウスが数件。飲食は心配なさそうです。
2017malaysia (303)_R.JPG

予想通り人が少なくて穴場的ビーチです。
2017malaysia (295)_R.JPG

このSENJAというホテルの前のビーチで泳ぎました。
魚は小さめでしたが、結構数はいてシュノーケルが楽しかったです。
2017malaysia (305)_R.JPG

ビーチから一歩入った辺りにあるバンガロー。
きっとここも夜はにぎやかなのでしょうね。
今はひっそりとしてますが。
2017malaysia (308)_R.JPG

ロングビーチへの帰り道、宿の床下にオオトカゲを発見!
ここにはコモドドラゴンに似た大きなトカゲがいると聞いていたので、実は島に来てからずっと探していたんです。
2017malaysia (320)_R.JPG
体調は1メートルほど、こんなんが部屋の周りをウロウロしてるって。。。

さらに森の中でもっと大きなトカゲを発見!
ノソノソと逃げていくので、動画でじっくりと撮影できました。コモドドラゴンのように早くは走らないようです。
2017malaysia (357)_R.JPG
でも、調べたところ、このトカゲの唾液に含まれるバクテリアは個体によってはかなりやばいものもいるらしいので、あまり近づかない方がいいみたいです(汗)

穴場ビーチで遊んで、目的のオオトカゲにも会えて大満足の小トリップとなりました。

最後に、ロングビーチでの昼食
2017malaysia (255)_R.JPG
スイカジュースって暑いところ行くと、必ず飲んじゃいます。

結構しっかりした出来栄えのバーガーセット。
2017malaysia (256)_R.JPG

フライドヌードルの卵焼き包み。つまりオムそば。これって日本の料理じゃなかったんですね(笑)
2017malaysia (259)_R.JPG
どれも我々が宿泊しているブサル島のレストランよりちょっとだけ安かったみたいです。
でも味は良かったですよ。



posted by asian.tea at 23:53| Comment(0) | 旅行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: